読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おねがいマイメディア

Webと世の中のおもしろ話からちょっといい話まで

「なぜ」を繰り返す大人へのクールな対処法

f:id:ak-n:20151102210059j:plain

子どもはしょっちゅう「なんで?」「どうして?」と返してきますが、大人の中にも事あるごとに「なぜ・なに・なんで」と返してくる人っていますよね。
「こうしてください」⇒「なんでですか?」というようなやりとり、ずっと続くと疲れちゃいます。
とはいえ、うまく答えられず、やけになったり、うやむやにしてしまうと、なんか負けたような気がしてくることも。
そんな、なぜ・なに・なんで病クランケへ冷静に対処する方法を考えてみました。

クールにいこうぜぇ。 

「なぜ」と返す3つの理由

まず、その「なぜ」が本質に迫ったものか見極める必要があります。それによって対処法も変わってくるからです。
「なぜ」と返してくる理由は主に3つ。

  • 本当に疑問を感じていて、得られた知見を言動にフィードバックしたい
  • まったく納得していなくて、議論の上、できれば言い負かしたい
  • 感情的になっていて、内容はどうでもよく、とにかく食って掛かりたい

面と向かって話している場合は、相手の様子で感じ取れることも多いでしょう。
「なぜ」と返してくる方も、こちらの話を咀嚼し、自分の意見も交えつつ、きちんと対話をしようという姿勢があるかどうか。それによって本質的な問題を解決したいのか、そうでないのか判断できます。

メールだと難しいですね。ある問いに答えたら、それには直接的に反応を示さず、別の角度から別の質問を繰り返してくる相手だとしたら要注意です。会話にしろ、メールにしろ、相手が部分的にもこちらの意見を肯定してくれているかどうかも重要な基準です。一切の肯定がない場合は……諦めも肝心です。

真剣な相手には真剣に

f:id:ak-n:20151102210440j:plain

本当に「なぜ」と思っていて、話を聞いた上で行動を変えようとしている相手ならば、こちらも真剣に向き合っていく必要があるでしょう。

自問自答のきっかけにもなりますし、もしかしたら自分の方に間違いが見つかることも。あるいは伝え方を見直すきっかけになるかもしれません。

自分と相手の成長のための問答だと、しっかり向き合いましょう。そして、そもそもこの会話には「目的」があったことを忘れないようにしなくてはなりません。目的達成のための手段してのコミュニケーションのはずですから。

論破したいだけ、食って掛かってくる相手には…

f:id:ak-n:20151102210604j:plain

本当は論破してやりたいと思っていて「なぜ」を繰り返す場合や、相手が感情的になっている場合、議論は不毛です。
今の相手は聞く耳を持っていない、「自分の求めている答えしか聞きたくない」状態なわけですから。

相手が本当に主張したことは、「なぜ」の後に続くであろう言葉から導き出せます。

「なんでですか? (だって○○○でしょ?)」

言ってくれればわかりやすいですし、仮に声に出さずとも、「なぜ」の後には括弧内のような主張が見え隠れしているはずです。

まずは、その「気持ち」を一旦受け止め、仕切りなおしちゃいましょう。

この場合、いちいち生真面目に答える必要はないのです。

それでも、「なんで答えられないんですか?」とさらに追求してくる場合や、「そう言ったって、確実に伝えて、行動してもらわなくちゃならない」場合だって少なくないですね。

ここでも「目的」だけは失わないように、それが自分と相手の共通のものであることだけは伝えましょう。

「私が悪かった」「伝え方に問題があった」「納得できないことかもしれない」
けれども、
「今、□□□しなくちゃならないということは私とあなたの共通の目的なはずだ」
というようにです。

この話し合いってなのためにしているんだっけ?

目的の共有ができていないとしたら、それこそが問題でしょう。
「なぜ・なに・なんで」にストレスなくクールに対応するためにも、議論に夢中になってしまう前に「あれ、この問答ってなのためにやっているんだっけ?」ということをしっかり意識し、「そもそもの部分」を相手としっかり共有するようにしなくちゃですね。

 

広告を非表示にする