おねがいマイメディア

Webと世の中のおもしろ話からちょっといい話まで

ハウスクリーニングは「くらしのマーケット」が断然おトクだった

f:id:ak-n:20150917102829j:plain

はてな界隈ではミニマリズムミニマリストが流行っているようですが、物欲にまみれて生きる僕とは無縁の世界です。
ミニマリストの反対ってなんですか? マキシマリストですか? モノモチアンですか?

ともかく、物が多いと引っ越し作業もなかなか大変です。
引っ越し先の実家もしっちゃかめっちゃかでしたが、何とか片付けは済みました。
そして、せっかく空き部屋になったので、入居する前にプロに掃除を頼む事にしたのです。

ハウスクリーニングや家事代行ってお高いイメージです。
しかし、「くらしのマーケット」を使うことでかなりおトクにお願いすることができました。

大手とどれくらい金額差があるのか

「くらしのマーケット」とは、家事代行やハウスクリーニング、不用品回収などの暮らしに関するサービスを比較し、予約することのできるオンラインサービスです。

curama.jp

今回予約したのは、退去後(家具がない状態)のハウスクリーニング。
広さは2DKです。
価格順で検索し一番安いところに頼んでみました。
その価格、25,000円
水まわり、床、窓など基本的に全部コミコミで、です。

同じ条件でダスキンなどの大手で頼めば60,000円以上はします。高っ!
倍以上の差です。

でも、後でいろいろ追加になるのでは…?

最初の提示金額は安くても、実際に作業に入るといろいろ追加されるのでは…。
疑り深い僕もある程度の追加を覚悟していました。
きたるべき不幸を事前に想定しておくことで、心の安定を保ちます。

3名の作業員で作業時間は4時間ほど。
20年は経っているキッチンですので、元々がボロいのですが、それでもかなりピカピカに。

f:id:ak-n:20150918102253j:plain

そして作業終了後、清算で気になるお値段は…問題なく25,000円のままでした!
よかった!

登録事業者は事前・事後に審査

「くらしのマーケット」では、事業者登録に審査があるそうです。また、作業後にもアンケートがあり、安心感があります。
実際に、作業後に業者ではなく「くらしのマーケット」から調査の電話がありました。かなりしっかり運営している印象です。

サービスを使う上で気をつけたいところ

とても便利でおトクなサービスですが、いくつか利用上の留意点もあります。

早めの予約&指定日に決まるとは限らない

予約や業者との連絡はすべて「くらしのマーケット」上で、オンラインで行います。そのやりとりに必要な期間を見込んで予約する必要があります。今日の明日というわけにはいかないということです。 また、特に安いところはスケジュールの「空き」を埋めることでその価格設定を実現しているため、必ずしも希望した日時に予約できるとは限らないようです。

予定時間が変わってしまうかもしれない

これは業者によるのでしょうが、僕が頼んだところは予定時間から1時間半くらい遅れて到着しました。
これも、おそらく1日のうちにできるだけスケジュールを埋めているがゆえだと思います。

場合によっては「ハズレ」の可能性がないとは…

こればかりはそうならないとわかりませんが、業者や担当者によっては「ハズレ」をひいてしまう可能性もないとは言い切れません。
価格だけではなく、口コミも参考に選びたいですね。
オプションや追記事項も予約前にしっかりチェックしておきましょう。

家事代行は贅沢じゃない…カモ?

家事代行というと裕福なセレブが自分の手を汚さずに金で面倒事を解決するイメージでした。

しかし、「くらしのマーケット」などを使ってうまく探すことで、けっこう手軽に頼む事もできるとわかりました。
お願いすることで他のことができるようにもなりますし、費用対効果を考えて、必要なときには効率的に使っていきたいです。