読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おねがいマイメディア

Webと世の中のおもしろ話からちょっといい話まで

馬がこんなに美味かったとは!(ダジャレ)

馬といえば「スーホの白い馬」のことくらいしか思い出すことはありません。
スーホは白い馬を楽器にはしたけど食べなかったでしょうが、僕は食べます。
「がんばれニッポン馬肉道場 馬喰ろう -神田店-」でね。

f:id:ak-n:20150913001234j:plain

 「馬喰ろう」と書いて「ばくろう」

ちょっと見「馬鹿やろう」かなと思ってしまうのは、前職の社長の口癖が「バカヤロウ」だったせいかもしれません。

それはそうとして、まずは「馬喰ろうハイボール」で乾杯。
好きです、ハイボール

f:id:ak-n:20150913001332j:plain

この馬喰ろうハイボールはリンゴ酢で割ったもの。
はじめての組み合わせですが爽やかでイケる!
好きです、馬喰ろうハイボール

思わず馬に感謝したくなる馬刺し盛合わせ

そして、白馬の王子様がやってきた。
王子抜きの、肉となった形で我々の前に。たぶん白馬でもなかったと思うけど。

f:id:ak-n:20150913001357j:plain

キラキラキラーン★と効果音が聞こえてきそうな艶やかなお肉。
くどさは皆無で、もちろん美味しい。

絶対食べた方がいい馬サーロイン唐揚げ

そして、「名物」とメニューに書かれた「馬サーロイン唐揚げ」の登場。

f:id:ak-n:20150913002029j:plain

唐揚げといっても半生で、これがめちゃウマです。
しかもこれだけのボリュームで780円。食べずにどうします?

ポテサラに後ろはさくらユッケと連れがご飯物が欲しいということで頼んだ玉子かけゴハン。
「卵にもこだわってます」的なことがトイレに貼り出されていました。
濃厚な黄身が馬肉とからみ、最高のハーモニーです。

酒のあても

二人で行ったため、これだけでも大分お腹がいっぱいに。

つまめるものが欲しくなり、ポテサラについてきてハマったサラミと、よくわからないけど美味しそうな「バジル馬ター」を注文。

f:id:ak-n:20150913003312j:plain

連れはお酒を飲まず、脂っこいバターが苦手なのですがこのバジル馬ターはすごく気に入ったようで奪い合うようにして食べてしまいました。
サワークリームのようにコクがあって爽やかなのです。

一階と二階でまったく異なる雰囲気

一階は普通の居酒屋で木のテーブルにパイプ椅子なのですが、なぜか二階はカフェバーっぽい雰囲気。
天井にはシャンデリアが輝いています。

f:id:ak-n:20150913004722j:plain

棚には古書のようなシャレオツなインテリアも。

f:id:ak-n:20150913004823j:plain

居抜きなのかな?

椅子もソファーでくつろげはするのですが、隣の席との間隔がかなり近いです。

f:id:ak-n:20150913004830j:plain

他のお客さんがいなくなったときの一枚。
10席で全部ですね。

無理に二階予約しなくても、一階でも同じ様に料理と食事を楽しむことができるでしょう。あ、たぶん一階でも予約は必須ですよ。

書きながらまた馬肉食べたくなってきた。

神田の他に恵比寿、新橋、人形町にもお店があるということで、今後は他の店舗 にも行って、違うメニューも楽しみたいです。

馬肉専門大衆居酒屋【馬喰ろう】

 

広告を非表示にする